Wi-Fi、無線LANとは?

wifiとは

モバイルルーターを語るうえで、Wi-Fiや無線LANという単語をよく目にすることでしょう。
このページでは、そもそもWi-Fiや無線LANとは何かを紹介します。

Wi-Fi、無線LANの定義

Wi-Fi

Wi-Fiとは「Wi-Fi Alliance」という、無線LANに関わる団体の集合を意味しました。その後、Wi-Fi Allianceが認定した無線LANの規格のこともWi-Fiと呼ぶようになります。
Wi-Fiが発足する以前は、無線LANの規格も様々でメーカーが異なる無線機器が通信するには変換する仕組みなどが必要で、通信は困難でした。
そこで、無線LANの標準規格を策定し、メーカーが異なっても通信ができるようにしたのが、Wi-Fiです。

現在では、無線LANの規格としての意味合いで使われることがほとんどです。

よくWi-Fiという言葉は、「Wireless Fidelity」の略から出来た言葉と言われますが、これは後付の意味です。
本当は、Hi-Fi(通信元の音声を忠実に再現すること)を韻を踏んで付けられた名称ですが、意味のない言葉ではマズイということで、後付で意味が付けられました。

無線LAN

ケーブルを使用せずにパソコン等の通信機器が通信できるネットワークのこと。
データの送受信はケーブルの代わりに無線が使われる。

LAN(Local area network)とは、限定的なネットワークという意味があります。
自宅で、パソコン、プリンター、ネットワークハードディスクなどが接続されていればそれはLANです。
また職場でも、複数のパソコンやプリンターが接続されていると思いますが、そちらもLANです。

LANは当初、それぞれの機器が有線で接続されていましたが、ケーブルが煩雑になり不便な一面がありました。
無線LANはケーブルを利用しないので、ネットワークの管理や新しく機器を追加する際の手間が省けるという便利な一面があります。

無線LANのメリット

有線LANは、まだまだ利用されていますし、今後も無くなることはないでしょう。
しかし、現在、無線LANで有線LANを置き換えるケースが増えています。
これは、無線LANにメリットが多いためでしょう。

ここでは、無線LANのメリットについて紹介します。

有線LANは手間がかかる

職場では、複数のパソコンがプリンターやハードディスクを共有することは当たり前になっていますし、自宅でもパソコンが他の機器と通信するケースも多いでしょう。
それぞれの機器を有線(LANケーブル)で接続すれば通信はできますが、ケーブルが煩雑になったり、HUBの設定が必要だったりと面倒な点が多々あります。
とくに、新しい機器をネットワークに追加する際には、ケーブルの敷設からHUBの設定など、手間がかかります。

このように、有線LANでネットワークを構築するには、知識と手間が必要になります。

それらを解決するのが無線LANです。

無線LANでネットワークを構築すると

まず、有線LANを無線LANに置き換えるとケーブルが不要になりますので、通信機器まわりのゴチャゴチャが解消されます。
とくに自宅程度のネットワークなら、僅かな工程で機器を追加することが可能でしょう。

またケーブルが無いことから、通信機器のレイアウトや持ち運びが簡単に行えます。
とくにスマホや携帯ゲーム機は持ち運ぶことが前提なので、いちいちケーブルに接続しなくてもネットワークに参加できるのは便利です。

もちろん、ゲーム機やスマホが簡単にネットワークに参加できるのは、Wi-Fiによって無線LANが規格化されているからです。
続いてWi-Fiのメリットも考えてみました。

Wi-Fiのメリット

くどいようですが、Wi-Fiとは無線の標準規格です。
Wi-Fiと無線LANは、有線だったものを無線化してネットワークを改善するものですが、それだけではありません。
Wi-Fiによって無線が標準化されたメリットをいくつか紹介します。

ネットワークへの接続が簡単

もしも、Wi-Fi規格がなければ、それぞれの機器を接続するにはドライバーや専用アプリをインストールするなどの準備が必要になります。
ソフトのインストールも手間ですし、バージョンアップの適用なども定期的に行わなければいけません。
通信機器の種類が増えれば増えるほど、これらの手間も増えますので、考えただけで疲れてしまいまそうですね。

もちろん、Wi-Fiに則った無線機器であれば、それらの手間は不要になります。
管理コストの低減は大きなメリットでしょう。

様々な機器が通信できる

ネットワークの接続はパソコンだけでなく、スマホやプリンター。
今では、無線対応のビデオカメラ、家電などがあります。

機器の種類が増えても、Wi-Fiで規格化されているのでネットワークへの接続が容易です。

そのため、自宅でスマホをリモコンにて無線付きの家電を操作する。
外出先から、無線付きビデオカメラの画像を確認して防犯カメラとして利用する。
等の利用も実際に行われています。

もう少し、Wi-Fiの使用例を見てみましょう。

Wi-Fiの高度な使用例

ここでは、少し進んだWi-Fiの使い方を紹介したいと思います。

屋内での高度な利用方法

例えば、書斎にあるデスクトップパソコンから、リビングのブルーレイレコーダーに録画されているテレビ番組を再生することができます。
他にも、ハードディスクに保管された音楽をノートパソコンやスマホから再生することも出来ます。
このように、マルチメディアを家族で共有するという使い方は今後普及するでしょう。

屋外での高度な利用方法

Wi-Fiを使うことで、屋外でもインターネットが利用できるようになります。

1つは、Wi-Fiスポットを使う方法です。
喫茶店やファーストフード店など、Wi-Fiを提供しているお店は増えつつあります。
これらの店に、ノートパソコンやゲーム機などを持ち込めば、屋外でもインターネットを使うことができます。

もう1つの方法は、モバイルルーターを使う方法です。
これは、インターネットに接続しているモバイルルータとパソコンなどをWi-Fi接続することで、
電波のあるところであれば、どこでもインターネットを利用することができます。

無線LAN、Wi-Fiまとめ

無線LANやWi-Fiについて少し紹介するつもりが、結構ガッツリと書いてしまいました。
とくに技術的な内容はふれませんでしたが、無線LANやWi-Fiがどんなもので何に使えるかは分かるかと思います。

Wi-Fiってよく分からないという方がいれば、こちらのページを紹介してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る