一時帰国中はいつも公衆無線LANを利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一時帰国中はいつも公衆無線LANを利用

一時的なネット利用のため、有料の無線LANを使っているクーママさんの口コミです。
モバイルルーターと有料無線LANの比較に役立つと思うので、紹介します。

一時利用なら、公衆無線LANでなんとかなる

海外在住ですが、日本に一時帰国する際はいつも公衆無線LANを利用してインターネットに接続しています。
実家にインターネット環境がないため、モバイルルーターをレンタルすることもあります。
お正月やお盆はモバイルルーターレンタルの申し込みが増えるようで、どうしても希望する日にレンタルできなかったり、数日のブランクが生じることがあります。

そんな時は日額300円台で利用できる公衆無線LANのサービスに事前に申し込みをしておき、
自前のノートパソコンを持ち歩く形でインターネットに接続をしています。

公衆無線LAN

空港発着のリムジンバスの車内からすでにアクセスできるため、
バスに揺られながらメールを確認できてとても便利です。

公衆無線LANのデメリット

難点としては、リムジンバスや駅構内を別にすると、利用できる場所のほとんどが商業施設です。
そのため、入場料や飲食代金等が余分にかかることと、長居するのが難しい点が挙げられます。

ネットカフェのパソコンを都度使うことも考えましたが、セキュリティの観点と使い慣れた自分のパソコンを使いたいため、今後もこの方法で接続し続けると思います。

長期利用ならモバイルルーター

今の海外在住環境が変わり、日本での生活時間が長くなれば、日に300円+入場料はモバイルルーターと比較すると高すぎるので、割にはあいませんね。

モバイルルーター比較無双管理人より

クーママさんの言っているのは、無線LANのプリペイドプランだと思います。

モバイルルーターは実質3000円もしないので、日額300円の公衆無線LANを比較するとモバイルルーターを使った方が安上がりですね。
(キャッシュバックを加味した実質月額費用)

モバイルルーターの比較に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る