モバイルルーター不要?テザリングとは。

garbage-can-270679_640

テザリングとは、iPhoneやスマホをモバイルルーター代わりにして、ノートパソコンやゲーム機をインターネットに接続することです。

ノートパソコンやゲーム機をインターネットに接続することができることから、モバイルルーターとほぼ同等の機能だと言えます。

このページでは、テザリングについて詳しく紹介します。

テザリングでは何ができるの?

例えば、無線LAN接続が出来るノートパソコンをインターネットに接続したり、PSPやNintendo 3DSをインターネットに接続することができます。

もちろん、テザリング可能なiPhoneやスマホの電波が拾えるところであれば、屋内だろうと屋外だろうとテザリングは可能です。

テザリングするのに必要なもの

テザリング機能を持っているiPhoneやスマホが必要です。
Apple製品でテザリングが可能な機種をまとめてみました。

  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPad Air 2
  • iPad mini 3
  • iPad Air
  • iPad mini 2
  • iPad Retinaディスプレイモデル
  • iPad mini

スマホの場合、2014年以降に発売されたスマホであれば、ほぼテザリングは対応していると考えて大丈夫です。

また、インターネットに接続したい機器(ノートパソコンや携帯ゲーム機等)がテザリングに対応している必要があります。
最近の機器であれば大丈夫ですが、WiFiに対応していれば、まずテザリングが可能だと考えて問題ないでしょう。

無線機能がなくて、WiFi接続できない場合でも、スマホとUSB接続してテザリングすることも可能なので、諦めずにメーカーに問い合わせてみましょう。

テザリングオプション

テザリングを利用するには、キャリアのテザリングオプションを利用する必要があります。
Docomo、au、Softbankのテザリングオプションはいくらかかるのでしょうか?

Docomo

とくに追加料金などは発生しません。
ただし、テザリングで利用可能なデータ量がきまっています。
(参考: NTTドコモ

au

月額500円かかります。
ただし、最大2年間利用料が無料になるキャンペーンがあります。
(参考:au

Softbank

月額500円かかります。
ただし、加入から2年間は利用料が無料です。
(参考:SoftBank

テザリングの種類

テザリングは通信機器(iPhoneやスマホ)と利用機器(ノートパソコンや携帯ゲーム機)の接続方法によって3種類に分類することができます。
それぞれ、紹介していきましょう。

WiFiテザリング

通信機器と利用機器をWiFiで接続します。WiFi接続が可能なノートパソコンが増えているため、もっとも一般的なテザリング方法でしょう。
通信機器が離れたところにあったり、鞄にしまったまま使えます。また、複数の利用機器を同時に接続することもできるので、利便性が高いです。

通信機器はインターネットに繋ぐための通信と利用端末とのWiFi通信と2つの通信を行うため、一般的にバッテリーの消耗が早いというデメリットがあります。

USBテザリング

通信機器と利用機器をUSBで接続します。携帯ゲーム機等USBポートがないものでは、利用できない方法です。
通信機器と利用機器が近くにないと利用できないという不便な点もありますが、通信速度が早く通信機器を充電しながらテザリングができるものもあります。

Bluetoothテザリング

通信機器と利用機器をBluetoothで接続します。WiFiテザリングと同様に無線を使うので、機器同士が離れていても利用できます。
WiFiに比べて、一般的にバッテリーの消耗が遅いですが、通信速度が遅いと指摘されることもあります。

テザリングでモバイルルーターは不要になるのか?

テザリング対応端末があれば、屋外でもノートパソコンをインターネットに接続することができます。
つまり、モバイルルーターと同様のことができるなら、モバイルルーターって不要じゃないの?
今は、大体スマホ持っている人も多いし。。。

という疑問が湧いてくると思います。

でも、テザリングにはデメリットもありますし、モバイルルーターにはメリットもあります。
テザリングかモバイルルーターか、どちらを利用したほうがいいか考えてみましょう!

それぞれのメリット・デメリット

まずは、テザリングのメリットです。

テザリング可能なiPhoneやスマホを持っていれば、新しい通信機器を用意する必要がないので手軽に始めることができます。
キャリアにもよりますが、テザリング利用料金も高額ではないので、維持費用も安く済みます。

一方、テザリングのデメリットです。

スマホを使ってテザリングをすると、スマホのバッテリーがすぐに無くなります。
機種にもよりますが、実際に使ってみると「こんなに早く電池がなくなるのか」と驚くと思います。

また、テザリングの通信はスマホのパケット通信を利用するので、スマホのデータ通信が1月に5ギガまでと決まっていれば、スマホとテザリングの両方で5ギガしか通信をすることができません。
テザリングはたまにしか使わないという場合には不便を感じることはないでしょうが、ガッツリとインターネットを使うという場合は注意が必要です。
1ヶ月の通信量を超えると、超低速での通信に制限されることがあります。テザリングが遅くなるだけではなく、スマホまで超低速通信になると生活に支障が出ることもあります。

細かいことですが、スマホのテザリングをオンにしたままだと、知らないうちにテザリングしてしまうことがあるので、基本的にテザリングをしない時は機能をオフにすることが推奨されています。
実際に使ってみると、毎回テザリングをオン・オフするのはかなり面倒です。

次に、モバイルルーターのメリットです。

なんといっても、通信量を気にせずるに利用できることが一番のメリットでしょう。
プロバイダーやサービスの内容によりますが、例えば、こちらのWiMAXは通信量無制限で接続することができます。

そのため、屋外でちょっとテザリングするだけでなく、家のネット回線もモバイルルーターを利用するケースが多いようです。
家のネットも屋外でのテザリングもモバイルルーターにまとめることで通信費が安く済むとはよく聞く話です。

モバイルルーターのデメリットですが、スマホ以外に持ち歩く機器が増えるのは確かに面倒でしょう。
今は、モバイルルーターもかなり小型でカバンに入れてもかさばらないものがほとんどですが、使い慣れないうちは持ち歩くのを忘れることもあるかもしれません。

また、モバイルルーターを持っていなければ、新たに契約をする必要があるので、開始するのに手間がかかります。

テザリングとモバイルルーターの使いドコロ

軽度なネット接続であれば、テザリングが便利です。
週に1回程度、屋外でパソコンを利用する。携帯ゲーム機をたまにネット接続する。くらいの利用であれば、わざわざモバイルルーターを契約することもないでしょう。
テザリングする頻度も少ないので、スマホの電池を使いすぎるという悩みも起きないのでは?

逆に、ネットを良く利用するのであれば、モバイルルーターが断然オススメです。
週に何度も屋外でパソコンを利用するなら、テザリングでは心もとないでしょう。さらに、家のネット環境もモバイルルーターにまとめてしまえば、通信費用が安くなるのではないでしょうか?
一度見なおしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る