モバイルルーターのエリアを確認する方法

モバイルルーターのエリア確認

モバイルルーターは手軽にインターネット接続を可能にします。
家の中でも、屋外でもネットが利用できるのは、便利ですよね。

でも、モバイルルーターもどこでも使用できるわけではありません。
モバイルルーターが利用できるエリア内でないと使用することができません。

このページでは、モバイルルーターの使用可能エリアの確認方法を紹介します。

モバイルルーターのエリアとネットワークの種類

モバイルルーターは、プロバイダーによって利用しているネットワークが異なります。
また、利用するネットワークによって利用可能エリアが異なります。

しかし、プロバイダーは異なるけど、実は同じネットワークを利用している場合が多いです。
例えば、UQWiMAXとauは同じネットワークを利用しています。

代表的なネットワークは3つあります。

      WiMAX系
      ワイモバイル系
      Docomo系

代表的なネットワークについて簡単な紹介と利用可能エリアについてまとめました。

WiMAX系

WiMAX系のネットワークを利用している主なプロバイダーは、UQWiMAXやauです。
(他にも多くのプロバイダーがいます)

WiMAXと言えば、「ギガヤバ革命」や「ヤ倍速」のキャッチフレーズで、最近はとくに有名ですね。

高速通信が可能なのはWiMAX2+です。
通常速度での通信はWiMAXなので、対応エリアが異なります。

使用可能エリアの確認方法です。

UQWiMAXのネットワークが使用可能なエリアから確認できます。

こんなページが表示されます。
UQWIMAXエリア確認

リンク先のページでは、「WiMAX/WiMAX2+」と「LTE」の利用可能範囲が確認できます。
ただし、UQWiMAXの「LTE」はauの4GLTEを利用しています。
そのためだと思いますが、「LTE」を使用するには、1ヶ月1000円程度の追加料金がかかります。

なので、「WiMAX/WiMAX2+」が利用できないエリアで「LTE」だけが利用できるエリアだと、維持費用が高くなってしまいます。

エリアの確認方法は地図上から確認する方法と住所を入力する方法があります。

ワイモバイル系

ワイモバイルはYahoo!がイー・モバイルを買収して設立した会社です。
もともとイー・モバイルが持っていたネットワークを利用しています。
さらに、ソフトバンクのネットワークも利用しています。

例えば、303HW等の機種を利用すると、ワイモバイルとソフトバンクの複数のネットワークの中でもっとも繋がりやすいものを自動的に選択するので、安定して使えると言われています。

ワイモバイル系のネットワークを利用している主なプロバイダーはワイモバイル、ソフトバンクが挙げられます。

使用可能エリアの確認方法です。

Yahoo!WiFiのネットワークが使用可能なエリア

こんなページが表示されます。
Yahoo!WiFiエリア確認

リンク先のページでは、「4G/LTE」、「4G」、「LTE/3G」の利用可能範囲が確認できます。
日本地図の下にある各ボタンをクリックすることで、使用可能エリアを確認できるページが表示されます。

「4G/LTE」、「4G」は高速通信が可能ですが、「LTE/3G」は正直モバイルルーターとして心もとないでしょう。
「LTE/3G」だけが使用可能エリアに含まれる場合は、他のプロバイダーを検討したほうがいいでしょう。

Docomo

移動体通信の代名詞的存在のDocomoもモバイルルーターを提供しています。
Docomoのモバイルルーターは「Xi」と「FOMA」のネットワークを利用します。
「Xi」の方が高速で「FOMA」は通常速度(やや低速)で通信できます。

使用可能エリアの確認方法です。

Docomoのネットワークが使用可能なエリア

こんなページが表示されます。
Docomoエリア確認

地域を選択すると「Xi」か「FOMA」のどちらかを選択するページが表示されます。
「Xi」が利用できないのであれば、とくにDocomoを選択する必要はないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る