モバイルルーターと三大キャリアの関係

三大キャリアという言葉をご存じですか?

キャリアとは、通信サービスを提供する会社のことを意味します。

つまり、三大キャリアといえば、docomo、SoftBank、auのことを意味します。

三大キャリアはケータイやスマホのシェアを争っているライバル企業ということはよく知られていますが、実は各社モバイルルーターも扱っています。

なので、三大キャリアはモバイルルーターでも、ライバル同士なんですね。

各社の扱うモバイルルーター

まず、モバイルルーターの有名どころを3つ挙げましょう。

  • UQ WiMAX
  • Y!mobile
  • docomo

この3つが主なモバイルルーターです。

そして、以下のように、三大キャリアはモバイルルーターを推進しています。

  • UQ WiMAX:au
  • Y!mobile:SoftBank
  • docomo:docomo

UQ WiMAXとauの関係

国内でWiMAX2+を扱っているUQ WiMAXとauは協力関係(ビジネスパートナー)にあります。

auのスマホとWiMAX2+のモバイルルーターを利用すると、auのスマホ利用料が安くなるというキャンペーンを共同で打ち出しています。

(参考記事:auユーザーはモバイルルーター比較するまでもない!

このキャンペーンですが、UQ WiMAX側にとっては、auユーザーを取り込めるというメリットがありますが、au側にメリットはあるのでしょうか?

WiMAX2+を使っているから、auのスマホに切り替えよう。という考えには至らないのではないでしょうか?

どのような意図で、両社が協業しているかは推し量るしかありませんが、au利用ユーザーに対しての付加価値提供や、WiMAX2+とauの両方を利用しているユーザーの囲い込み。という意味があるのかもしれません。

auは、UQ WiMAXとコラボしていて、auユーザーはWiMAX2+がオススメという点は理解しておきましょう。

また、WiMAXのモバイルルーターは「ハイスピードプラスエリアモード」というau 4G LTEのネットワークが使える機能があります。

WiMAXの電波が行き届いていないエリアでは、auのネットワークで通信できるという機能です。

Y!mobileとSoftBankの関係

Y!mobileはSoftBankのブランドの1つです。車で例えると、ホンダのオデッセイみたいな関係です。

Y!mobileはヤフーが買収したときに付けた社名ですが、その後、他3社と合併してソフトバンクモバイルに変更されました。

でも、Y!mobileは知名度があるので、残しているといった感じです。

(参考記事:ワイモバイルとは?ヤフーとの関係は?

Y!mobileとSoftBankは関連会社と考えても間違いではありません。Y!mobileのモバイルルーターは、Y!mobileとSoftBankのネットワークを両方使えるので、繋がりやすいと言われています。

ただ、SoftBankのスマホを利用していると割引があるなどの特典がないので、その点は残念です。

auのように割引があれば、ユーザーとしては嬉しいのですが、、、

docomoのモバイルルーター

docomoはモバイルルーターに関して他社と協業していません。

docomo自体が、人口カバー率99%のネットワークを持っていますし、販売力も十分だからでしょうか?

しかし、docomoのモバイルルーターは機種が少なかったり、月額費用が非常に高かったりと、あまり人気ではないようです。

とくに月額費用はdocomoユーザーでない人の場合6,400円程度かかるため、利用する人はいないでしょう。

協業ではありませんが、docomoのモバイルルーターを販売している代理店はあります。

こちらを利用すれば、docomoユーザーでなくても月額費用が3,000円以内に収めることができるので、docomoのモバイルルーターを利用する人は検討の価値があるでしょう。

(参考記事:docomoのモバイルルーターをお得に契約する方法

三大キャリアとモバイルルーターのまとめ

モバイルルーターもスマホのように、3社が争っている三国志状態です。

au とUQ WiMAXは全くの別会社なのにコラボしていて、シェアも伸ばしているようですから、他の2社を先んじているようです。

とくにdocomoはモバイルルーターに力を入れていないように見えるので、今後はWiMAX2+の一強になっていくのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る