モバイルルーターとは

モバイルルーター便利!モバイルルーター安い!等と聞くけど、そもそもモバイルルーターとは何?
という方のために、モバイルルーターとは何かを説明します。

モバイルルーターを比較するためにも、基本的な部分は抑えておきましょう!

モバイルルーターは無線のインターネット回線

インターネットを家で使うためには、インターネット回線とプロバイダーを契約しないといけません。
フレッツ光やnuro光がインターネット回線として有名ですね。

例えば、フレッツ光を契約すると、インターネット線が部屋まで敷設されます。
これをルーターに接続して、ルーターからパソコンにLANケーブルで接続して、ようやくパソコンがインターネットに接続されます。

インターネット概要図

ポイントは、パソコンからプロバイダーまでケーブル(目に見える回線)で接続されている点です。

モバイルルーターもフレッツ光のようにインターネット回線ですが、
物理的な回線と比較して、モバイルルーターのメリットは無線でインターネットに接続できる点です。
ケーブルが不要なので、屋外だろうとインターネットを利用できますよ!

モバイルルーター概要図

モバイルルーターを契約すると、手のひらサイズの無線装置が送られてきます。

FS020W_01

この端末は、電源をONにすると、自動でインターネット網に接続されます。
LTEやWiMAXといった無線技術でインターネット網に接続されるので、最高で200Mbps以上の物理的な回線とほぼ変わらない通信速度を実現できます!

モバイルルーターのプロバイダー

人気のあるモバイルルーターは大きく3つあります。
それは、WiMAX、Y!mobile、docomoです。
(docomoはモバイルルーターを積極的に宣伝していないため、UQWiMAXとY!mobileの両者が比較されることが多いです)

それぞれのモバイルルーターを比較するためにも、簡単に紹介しましょう。

WiMAXのモバイルルーター

WiMAXとは、無線通信規格の名称ですが、モバイルルーターサービスの一般的な名称として認知されています。
2013年からは、WiMAX2.1規格を採用したWiMAX2+というサービスが主流となっています。
(当サイトでは、便宜上WiMAXと呼んでいます)

WiMAXの理論上の最高通信速度は下り最大220Mbps。都心部では問題なく利用できるとの報告が多いですが、山間部や人口の少ない地域では利用できない箇所も少なくありません。
しかし、auとの提携があり、au 4G LTEを使った通信が可能です。こちらを利用することで、利用できるエリアがかなり広がります。
(WiMAX、WiMAX2+、LTEの通信エリアはコチラから確認できます)

WiMAXとauの関係

WiMAXでau 4G LTEを使った通信は有料オプションです。使った月だけ費用が発生しますが、申し込み不要で利用できます。

また、au のスマホを使っているだけで、WiMAXの月額費用が安くなる「auスマートバリューmine」という値引き制度があります。
毎月最大で934円も通信量が割引されるため、WiMAXの月額費用を大きく下げてくれます。
(auユーザーはモバイルルーター比較するまでもない!)

WiMAXのモバイルルーターを提供する企業

WiMAXを提供する企業として、UQWiMAXが有名ですが、その他にもWiMAXを提供する企業が多く存在します。
(GMOとくとくBB、So-net、@nifty、Biglobe、DIS mobile(ダイワボウ系列)、YAMADA air mobile(ヤマダ電気系列)、J:COM WIMAX等)

WiMAXを提供する企業は多いです。どこから申し込みをしても通信速度や利用できるエリアなどに違いはありませんが、価格やキャッシュバックが大きく異なります。
モバイルルーターを比較する際に、同じWiMAXでも、申し込み窓口まで注意をする必要があります。

当サイトでは、毎月モバイルルーターの月額費用やキャッシュバックを比較していますが、GMOとくとくBBから申し込むのがベストです。
初期費用、端末代金、月額費用、キャッシュバックを比較し、利用開始から2年でトータルコストが安く済むためです。

Y!mobileのモバイルルーター

Y!mobileはソフトバンクの提供するモバイルルーターです。
CMなどではY!mobileと宣伝されているので、ソフトバンクが提供していることに驚く人も多いようです。

もともとは、イー・アクセスという会社のイー・モバイルというブランドでモバイルルーターを提供していました。(イー・モバイルは猿を使ったCMでした)
その後、イー・モバイルはYahoo!Japanに買収されます。Yahoo!Japanはソフトバンクが筆頭株主なので、実質的にソフトバンクの傘下に入ったことになります。

Y!mobileはソフトバンク傘下なので、Y!mobile提供の電波とソフトバンク提供の電波を両方使うことができます。
(つながりにくい場所では、繋がりやすい電波を優先して利用してくれます)
そのため、繋がるエリアが広く、繋がりやすいということがアピールポイントとして紹介されています。

Y!mobileの注意点としては、3年契約という点です。
WiMAXは2年契約ですし、スマホや携帯も2年が多いのですが、Y!mobileの契約は3年縛りになります。

Y!mobileのモバイルルーターを提供する企業

Y!mobileを提供する企業は多くはありません。Y!mobile以外にはYahoo!WiFiくらいです。
どちらもソフトバンク系列の企業ですね。

両者を比較すると、Y!mobileから申し込んでも、Yahoo!WiFiから申し込んでもサービス内容に違いはありません。
ただし、Yahoo!WiFiから申し込んだ方がお得です

docomoのモバイルルーター

docomoのモバイルルーターは、WiMAX・Y!mobileと比較して、あまり人気なないようです。
通信速度も利用エリアも問題はないのですが、価格に原因があると分析します。
詳しくは、Docomoのモバイルルーターが不人気な理由を確認してください。

docomoのモバイルルーターを提供する企業

docomoのモバイルルーターを提供する企業はWiMAXと比較して多くはありません。

モバイルルーター比較時の注意点

利用者の多い3大モバイルルーターを紹介しました。
選択肢があると、どのモバイルルーターを利用すればいいか悩んでしまいますね。

モバイルルーターを比較する際のポイントを紹介しますので、モバイルルーター選定時の参考にしてください。

通信量制限

屋外でもネットが使える便利なモバイルルーターですが、デメリットもあります。
もっとも有名なデメリットとして、通信できるデータ量に制限があります

制限には大きく別けて2種類あります。

1つは、月間のデータ量。1ヶ月の間に通信できるデータ量が決まっています。
WiMAXやY!mobileは、プランにより月間のデータ量制限が設けられていません。
docomoはプランにより、月間の制限量を変えることができますが、通信できる量が増えると月額費用も高くなります。

もう1つの制限は、短期間でのデータ量制限です。
WiMAXは3日間で3GB。Y!mobileは3日間で1GB。という制限があります。
Y!mobileの制限はWiMAXに比較して厳しいため、ネットを多く使う方はWiMAXの方がいいでしょう

通信エリア

モバイルルーターを申し込んでも利用ができなければ意味がありません。
申し込み前に必ず、利用可能なエリアを確認しておきましょう。

感覚的になりますが、通信エリアの広さには以下の関係があります。

Y!mobile ≒ docomo > WiMAX

WiMAXは、他の2社に比較して山間部等で利用できないこともありますので、とくに注意が必要です。

通信速度

モバイルルーターの広告には、やたらと通信速度の速さがアピールされています。
WiMAXは最高220Mbpsと他の2社と比較しても、かなり高速です。

宣伝されている通信速度は環境が整っている場合の速度なので、
実際にモバイルルーターを利用しても、まず利用できる速度ではありません。

しかし、通信環境に大きな問題がなければ、ネットをストレスなく利用できる速度は出ます
広告に記載されている速度に過度な期待はしないほうがいいでしょう。

モバイルルーターの費用

一番気になるのは、ポケットwiFiの費用ではないでしょうか?
当サイトで調査した結果、モバイルルーターの実質費用には以下の関係が成り立ちます。

WiMAX > Y!mobile > docomo

プランにもよりますが、概ねWiMAXは他の2つと比較しても安く利用することができます。

WiMAXは提供する企業が多いので、価格やキャッシュバックの競争が起こりやすいです。
そのため、実質費用が安くなっていると考えられます。

申し込む企業によって、端末代が無料になったり、数万円のキャッシュバックが受けられます。
1円でも損をしないためにも、WiMAXを申し込む際は窓口の比較が重要になります。

当サイトでは、毎月モバイルルーターの月額費用を調査していますので、是非活用してください。

モバイルルーターについて「まとめ」

  • モバイルルーターはインターネットに繋ぐための携帯可能な機器です。
  • 物理的な回線なしでも、通信速度が早いため注目されています。
  • WiMAX、Y!mobile、docomoのモバイルルーターが利用者が多いです
  • 都心部では、WiMAX。郊外ではY!mobileがオススメです。
  • 申し込み窓口も充分に比較する必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る