モバイルルーターが安くなる?格安SIMってなんだ?

格安sim

格安SIMを使うと通信費が抑えられる!
格安SIMでスマホの月額費用が2000円に抑えられた!

そんな話をよく耳にするようになりましたが、格安SIMはモバイルルーターにも使うことができます。
実際に利用する方法とどれくらいお得なのかを紹介します。

そもそもSIM/格安SIMとは?

SIMとはスマホやケータイを使うのに必要なチップです。
端末にSIMが入っていないとスマホが基地局に通信することができないんです。

SIMには固有のIDが記録されていて、どれくらい通話したか、どれくらいデータ通信をしたかを把握することができます。
なので、SIMを通して通信費用が請求されるんですね。

このSIMは、Docomo、SoftBank、auなどの大手キャリアがメインで、これらのキャリアと契約するとSIMをもらえます。
(Docomoショップでスマホを買うと、DocomoのSIMが入れられるわけです)

そして、格安SIMとは、大手3キャリア以外が提供するSIMを指します。

最近になり、格安SIMを提供する通信会社が増えています。
各社サービス内容や料金に違いがありますが、大手3キャリアに比べれば月額費用を抑えることができる場合が圧倒的に多いです。

格安SIMを使うには、SIMフリー端末(所有者が好きなSIMを入れられる端末)に格安SIMを入れれば、すぐに利用ができます。

モバイルルーターにも格安SIMは使えるのか?

結論から言えば、モバイルルーターも格安SIMを使うことができます。

スマホと同様に、SIMフリーのモバイルルーター端末と格安SIMがあればOKですが、モバイルルーター端末にはSIMフリー端末が圧倒的に少ないんです。

まず、Docomoのルーターは基本的にSIMフリー端末です。
というのも、Docomoから発売されているルーターはDocomoショップに持って行って、3,000円を支払えばSIMロックを解除してくれるからです。
(参考サイト:Docomoホームページ

その他にも、NECなどキャリア以外から発売されているモバイルルーターもSIMフリーなので、他社の格安SIMを利用することができるとされています。

ただし、格安SIMと端末との相性も考慮しなければなりません。
モバイルルーター端末と格安SIMの組み合わせを全て確かめた人はいないため、あくまでも利用は自己責任となります。

”傾向としては”と前置きを付けての紹介になりますが、Docomoの回線を使っている格安SIMであれば、ほぼ使える傾向にあると言われています。

Docomoの回線を使っているSIMを集めてみました。

格安SIMはどれだけ安い?モバイルルーター通信費を比較!

では、格安SIMを使うとどれくらい通信費用が抑えられるのかを比較してみましょう!

モバイルルーターの利用スタイルによって通信費用も変わるはずなので、1ヶ月の通信データ量によって以下の3タイプを想定してみました。

  1. 屋外で少し使うだけ(月間通信データ量:3GB)
  2. 一人暮らしで、家でも屋外でも使う。(月間通信データ量:7GB)
  3. 家族がいて、家でも屋外でも使う。(月間通信データ量:15GB)

モバイルルーターの基準は、DocomoとWiMAX2+とします。

月間3GB 月間7GB 月間10GB
DMM mobile 850 2040 2250
NifMo 900 2800 2800
OCN モバイル ONE 1100 1800 1800
IIJmio 900 2560 2560
Docomo 6700 8400 11200
WiMAX2+ 3609 3609 3609

※該当する通信量がない場合は、上位のプランを選択。
※価格・サービス内容は各リンク先を必ず参照してください。

表からわかったことをまとめてみましょう。

  • 月間3GBなら、900円程度で済ませられる
  • 月間7GB以上はOCN モバイル ONEが安い
  • Docomoと格安SIMの月額費用さは大きい

結論として、利用するタイルによってDMM mobileかOCM モバイル ONEを選択しましょう!

となりそうですが、ちょっと待って下さい。

初期費用やキャッシュバックを考えると、結果は大きく異なります。

まず、WiMAX2+は申込ができるプロバイダーが沢山あります。
さらに、キャンペーンも豊富にあるのですが、中でもGMOとくとくBBは常に2万円以上のキャッシュバックを実施しています。

>>GMOとくとくBBキャンペーンサイト<<

格安SIMを使うためには、SIMフリー端末を購入する必要がありますが、GMOとくとくBBは端末が無料でもらえます。

事務手数料は格安SIMもモバイルルーターも3,000円と一律でした。

では、この機種代金とキャッシュバックを含めてもう一度比較したいと思います。
2年間利用した場合にかかる総額の費用を24ヶ月で割って、実質の月額費用としました。

月間3GB 月間7GB 月間10GB
DMM 1808 2998 3208
NifMo 1858 3758 3758
OCN モバイル ONE 2058 2758 2758
IIJmio 1858 3518 3518
WiMAX2+ 2609 2609 2609

※SIMフリー端末で使用するのは、コストパフォーマンスに優れていると言われるNECのAterm MR03LN
(20,000円)
※WiMAX2+はGMOとくとくBBで27,000円のキャッシュバックを受けたとします

どうでしょうか?

月間3GBまでなら、格安SIMが費用を安く済ませることができましたが、月間7GB以上になるとモバイルルーターを使用した方が安く済むことが分かりました。

モバイルルーターを契約した方が、端末とSIMの相性に悩まされることもありませんし、基本的にモバイルルーターを格安SIMで利用するメリットは少ないと言わざるを得ません。

WiMAXはノーリミットモードという通信し放題の使い方もできるので、月間にどれだけ使うかわからない方もWiMAXがいいでしょう。

モバイルルーターと格安SIMのまとめ

・家のネット回線もモバイルルーターを使う場合(月間7GB程度)は、WiMAX2+をGMOとくとくBBで利用した方がお得。

>>GMOとくとくBBキャンペーンサイト<<

・屋外で少しモバイルルーターを使う場合(月間3GB程度)は、格安SIMを使うほうがお得。
調査した中で最安の格安SIMはDMM mobileでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る